カテゴリー:宇宙・気象・災害

  • 大雨の画像

    「大雨」と「豪雨」

    大量に降る雨のことを「大雨」や「豪雨」という。 一般的には、大雨よりも豪雨の方が激しい勢いで降る雨といった、イメージのみで使い分けられている。 しかし、気象庁の予報用語では、明確な使い分けがされている。 大雨は…
  • 大雪の画像

    「注意報」「警報」「特別警報」

    自然災害が起こるおそれがあるとき、注意喚起や警告のために発表されるものには、「注意報」「警報」「特別警報」がある。 注意報は「災害が起るおそれがある場合にその旨を注意して行う予報」。 注意報の対象となるのは、気象…
  • 地震で倒壊した家の画像

    「大地震」「巨大地震」「超巨大地震」

    揺れの激しい地震や被害の大きい地震は、規模によって大地震・巨大地震・超巨大地震と呼び分けられる。 これらは基本的に、震度ではなくマグニチュードによって区別されている。 一般に、大地震は、マグニチュード7以上の地震…
  • 初雪の画像

    「初雪」と「新雪」

    初雪と新雪は、「新しい雪」という意味では共通するが、両者は全く異なるものを表している。 初雪とは、その冬に初めて降る雪。また、新年に初めて降る雪のこと。 ふつうは、その冬に初めて降った雪を表す。 新雪とは、…
  • 台風の画像

    「大型の台風」「超大型の台風」「強い台風」「非常に強い台風」「猛烈な台風」

    気象庁で発表される台風情報では、「超大型で非常に強い台風」というように、台風が大きさと強さで表される。 大きさの階級は、風速15m/s以上となる強風域の大きさによって、「大型」と「超大型」の2段階に分けられ、大型は…
  • 富士山とうろこ雲の画像

    「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」

    秋の空に見られる、ひつじ雲、うろこ雲、いわし雲。 それぞれ、ヒツジに似ていたり、魚の鱗のように見えたり、イワシの群れに見えることから付けられた俗称で、ひつじ雲は「高積雲」、うろこ雲といわし雲は「巻積雲」が正式な名前であ…
  • 台風で海が荒れる画像

    「台風」と「熱帯低気圧」

    台風は熱帯低気圧の一種で、構造は同じであるが、最大風速によって「台風」と「熱帯低気圧」に呼び分けられる。 熱帯低気圧は、亜熱帯や熱帯の海上に発生する低気圧。 海からの水蒸気が主なエネルギー源で、発達すると暴風雨を…
  • 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像

    「氾濫」と「決壊」

    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふれかえること。 決壊は、堤防やダムなどが切れて崩れることをいう。 大雨で堤防が決壊し、川の水が氾濫することはある…
ページ上部へ戻る