カテゴリー:自然・科学

  • 大雨の画像

    「大雨」と「豪雨」

    大量に降る雨のことを「大雨」や「豪雨」という。 一般的には、大雨よりも豪雨の方が激しい勢いで降る雨といった、イメージのみで使い分けられている。 しかし、気象庁の予報用語では、明確な使い分けがされている。 大雨は…
  • 電源の画像

    「電気」「電機」「電器」

    「電気・電機・電器」は、いずれも「でんき」と読み、それぞれ意味に違いがあるが使い分けが難しい。 電気とは、摩擦電気や放電、電流などの現象の総称。また、電力や電灯も意味する。 電機とは、電力によって運転、使用される…
  • かいわれ大根の画像

    「かいわれ大根」と「大根」

    かいわれ大根とは、大根の種子を発芽させ、軸が伸びて子葉が開いたところに日光を当てて緑化したものである。 子葉が双葉で、二枚貝が殻を開いたような形なので「かいわれ(貝割れ)」という名前がつけられた。 かいわれ大根も…
  • 砂時計と日記の画像

    「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

    近い過去から現在までの期間を意味する言葉には、「最近」「近頃」「この頃」「昨今」などあるが、同じように使える場合と使えない場合があるので使い分けが必要である。 「昨今」は文章語なので、硬い口調で古い印象を与える場面…
  • 野菜の画像

    「野菜」と「蔬菜」

    野菜と蔬菜の元々の意味は異なるが、現在では同義として扱われている。 本来、蔬菜は食用にする草本植物(草)の総称で、キノコなども含んで用いられた語である。 蔬菜は野菜よりも意味が広く、栽培種・野生種を問わず使われて…
  • 大雪の画像

    「注意報」「警報」「特別警報」

    自然災害が起こるおそれがあるとき、注意喚起や警告のために発表されるものには、「注意報」「警報」「特別警報」がある。 注意報は「災害が起るおそれがある場合にその旨を注意して行う予報」。 注意報の対象となるのは、気象…
  • 自然にある天然の水画像

    「自然」と「天然」

    自然と天然は、どちらも人の手が加わっていないもののことだが、人為的でない意味が強いのは自然よりも天然である。 自然には「独りでに」「自ずから」という意味があり、人の手が加わったものを除いた全てを表す。 天然は、自…
  • アーモンドとピーナッツの画像

    「アーモンド」と「ピーナッツ」

    アーモンドとピーナッツ(ピーナツ)は、食用とする植物の実という点では共通するが、ナッツ類とナッツ類でないものという違いがある。 「ナッツ」というのは、食用になる木の実のこと。 ピーナッツは名前に「ナッツ」が入って…
ページ上部へ戻る