「5円玉の穴」と「50円玉の穴」の違い

日本の硬貨の画像

現在、日本で通常発行されている硬貨は、1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類ある。
そのうち、穴が空いている硬貨は5円玉と50円玉。
5円玉の孔径は5mm、50円玉の孔径は4mmで、穴の大きさに違いがあるが、穴が空けられた理由にも違いがある。

元々発行されていた5円玉は、穴の空いていないものであった。
昭和24年に急激なインフレが起こり、硬貨の原材料を節約する必要があったため、当時の硬貨の中で一番大きかった5円玉に穴を空け、原材料を節約した。

50円玉が穴の空いた形状になったのは昭和34年のこと。
それまでの50円玉は穴が空いておらず、100円玉と同じくらいの大きさで紛らわしかったため、穴が空けられるようになった。

つまり、5円玉の穴は原材料を節約するため、50円玉の穴は100円玉と区別しやすくするために空けられたのである。

現在では、原材料を節約する必要もなく、50円玉と100円玉の大きさも異なるため、穴を空けておく必要がないように思える。
しかし、大きさや重さ、ギザギザの有無、穴の有無によって、すべての硬貨を手触りだけで区別できることや、偽造防止対策のためにも、5円玉と50円玉には穴が空いていた方がよいのである。

関連記事

  1. 遺体の画像
    死体と遺体の違いは、死者の体を物体として表現するか、人格を認めた表現にするかの違いである。 死体は…
  2. 夕暮れの夕焼け画像
    夕焼けと夕暮れの違いは、気象現象と時間帯の違いである。 夕焼けは、日没の頃、地平線に近い西の空…
  3. 海を渡る船の画像
    船は、水上を移動する乗り物の「ふね」を表す一般的な表記で、大きさや動力の有無に関わらず用いる。 舟…
  1. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  2. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
  3. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  4. 手を繋ぎたがる同級生の画像
    同級生は、同じ学級の生徒、クラスメートのことをいう。 本来は、同じ学校で同学年の生徒であっても、ク…
  5. 鍋で茹でる画像
    茹でるは、熱湯で煮ること。 パスタなどは「湯がく」と言わず「茹でる」と言うように、芯まで火を通す時…
ページ上部へ戻る