「5円玉の穴」と「50円玉の穴」の違い

日本の硬貨の画像

現在、日本で通常発行されている硬貨は、1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類ある。
そのうち、穴が空いている硬貨は5円玉と50円玉。
5円玉の孔径は5mm、50円玉の孔径は4mmで、穴の大きさに違いがあるが、穴が空けられた理由にも違いがある。

元々発行されていた5円玉は、穴の空いていないものであった。
昭和24年に急激なインフレが起こり、硬貨の原材料を節約する必要があったため、当時の硬貨の中で一番大きかった5円玉に穴を空け、原材料を節約した。

50円玉が穴の空いた形状になったのは昭和34年のこと。
それまでの50円玉は穴が空いておらず、100円玉と同じくらいの大きさで紛らわしかったため、穴が空けられるようになった。

つまり、5円玉の穴は原材料を節約するため、50円玉の穴は100円玉と区別しやすくするために空けられたのである。

現在では、原材料を節約する必要もなく、50円玉と100円玉の大きさも異なるため、穴を空けておく必要がないように思える。
しかし、大きさや重さ、ギザギザの有無、穴の有無によって、すべての硬貨を手触りだけで区別できることや、偽造防止対策のためにも、5円玉と50円玉には穴が空いていた方がよいのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの画像
    ピーマンは緑色の青ピーマン(緑ピーマン)が一般的だが、最近では赤色の赤ピーマンや、黄色、オレンジ色と…
  2. 穴の画像
    「孔」を「あな」と訓読みするのは常用漢字表外であるため、一般的に「孔」は「こう」と音読みし、「あな」…
  3. カヌーの画像
    カヌーは、ボートのようにオールを使って後ろ向きに進むのではなく、パドル(櫂)を漕いで前向きに進む小舟…
  1. 映画の制作現場画像
    制作は、美術作品、映画、テレビ番組など、芸術作品の創作活動に用いられることが多い。 製作は、実用的…
  2. 富士山から見る初日の出画像
    ご来光は、高山で望む荘厳な日の出のこと。 初日の出は、元日の日の出のこと。 日の出が話題にな…
  3. エッセイストの画像
    コラムとは、新聞や雑誌などの短評欄。また、囲み記事のこと。 コラムは「円柱」を意味するラテン語に由…
  4. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  5. 積極的な画像
    積極的は、物事を進んでしようとするさま。 自分から進んで行う場合にも、他からの働きかけに賛同して行…
ページ上部へ戻る