「降水量」と「降雨量」の違い

雨をカットする画像

降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのことで、普通、「mm(ミリメートル)」で示される。
共に、雨量計で観測され、同じ水量を表しているように思えるが、違いは雨量計に入る水にある。

降雨量は、雨だけが降った量。
降水量は、雨・雪・霰(あられ)・雹(ひょう)・霜などを全て水に換算した際の量。

降雨量と同様に、雪の降った量だけを表す場合は「降雪量」という。
降雪量も、雨量計で観測される水に換算した時の水の深さで、積もった雪の量を表すものではない。
積もった雪の量は、積雪量や積雪深といい、積雪計で観測される。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る