「鏡開き」と「鏡割り」「鏡抜き」の違い

鏡開きの画像

「鏡開き」と「鏡割り」は、正月に供えた鏡餅を下げて食べる行事のこと。
江戸時代の武家社会で、男子は具足に供えた具足餅、女子は鏡台に供えた鏡餅を手や木槌で割って食べたことに由来する。
刃物で切らず、手や木槌で割り砕くのは、切腹を連想させるためである。

「鏡割り」という言葉は、鏡餅を割って食べることからだが、「割る」という言葉も縁起が悪いため、忌み詞として「開き」を使い、「鏡開き」というようになった。
縁起の悪いことに使うことがない言葉なので、「鏡割り」よりも「鏡開き」を使うのがよい。

祝宴などで酒樽の蓋を木槌で割って開くことは、「鏡抜き」「鏡開き」「鏡割り」という。
「鏡」は酒樽の上蓋を「鏡」と呼んでいたことに由来し、酒樽の蓋を開くことは「鏡を抜く」と言っていたので、本来は「鏡抜き」と呼ぶのが正しい。
しかし、「抜く」は語感が悪いとされることもあり、鏡餅と同様、「割る」では縁起が悪いため、「開き」を使って「鏡開き」と呼ぶようになった。

報道などで酒樽を木槌で割って開くことを表す際、「鏡抜き」では語感が悪いと言われ、「鏡開き」では正しくないと言われるため、「酒樽を開ける」「四斗樽(しとだる)を開ける」といった表現をすることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 魚の画像
    赤身魚は、身(肉)の色が赤い魚のことで、味が濃く、肉質は硬めで、鉄分を多く含む。 白身魚は、身の色…
  2. ダイビングの画像
    スキューバダイビングとは、圧縮空気を詰めたボンベと、水深に応じて供給空気量を自動調節する弁の付いた送…
  3. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
  1. 女性のタトゥー画像
    入れ墨は、針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くこと。また、そのものを…
  2. つくね鍋の画像
    つくねは鶏肉や豚肉のひき肉を材料にしたもので、つみれは魚のすり身を材料にしたものと誤解されていること…
  3. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
  4. 松葉ガニと越前ガニの画像
    一般に流通しているズワイガニには、ズワイガニ(別名:本ズワイガニ)・オオズワイガニ・ベニズワイガニが…
  5. 通勤風景の画像
    サラリーマンは、「salary(給料)」と「man(男)」を繋げた和製英語で、特定の仕事に従事する給…
ページ上部へ戻る