「警視庁」と「警察庁」の違い

警視庁のパトカーの画像

警視庁は、「大阪府警察本部」や「神奈川県警察本部」など都道府県に置かれる「警察本部」と同等の組織で、東京都を管轄する都警察の本部である。
同等というのは組織図から見た場合の話で、警視庁と他府県警察本部では、規模も役割も大きく異なり、「東京都警察本部」ではなく「警視庁」と呼ばれる理由にも繋がる。

警視庁は、地方自治体としての東京都を管轄するだけでなく、日本の首都である東京都を管轄する首都警察としての役割がある。
首都警察としての役割には、皇族の警衛、立法府・行政機関・駐日大使館・総理大臣官邸等の重要施設の警備、 総理大臣等の要人の警護などがある。
また、東京都以外の警察本部トップを「警察本部長」と呼ぶのに対し、警視庁のトップは「警視総監」と呼ばれ、任免も内閣総理大臣の承認が要件となる。

警察庁は、消防庁などと同じ国の行政機関で、警視庁を含む全国の警察に関する諸制度の企画、予算の策定、他府県にまたがる広域犯罪の連絡や調整などを担当している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る