「看病」と「看護」「介抱」の違い

子供の看病をする画像

病人の世話をするという意味では、看病・看護・介護ともに使われるが、病人以外の世話をする場合や、医療業務として世話をする場合、長期短期といった違いで、使い分けが必要となる。

看病は、病人に付き添って世話をすることで、そばに居るというニュアンスを含む。
一時的な症状の場合には使わず、重い症状であったり、病気が長期となる場合に使うことが多い。
また、看病は病気の人を世話することなので、けが人の手当てには使わない。

看護は、けが人の手当てや病人の世話をすることで、看病よりも意味が広く、症状が軽い場合にも重い場合にも使われる。
看護は医療業務として世話をすることにも使われることや、看病には付き添うという意味が含まれることから、身内などの医療者以外の人が世話をする場合には、「看護」よりも「看病」の方が、比較的使われやすい傾向にある。

介抱は、傷病者などの世話をすることだが、一時的に行う世話や手当てに使う。
「父の介抱を一年間した」ということはあり得ず、このような長期の場合には「看病」か「看護」を使う。
また、介抱は一時的に行うものであり、「助ける」「保護する」といった意味もあるため、けが人や病人のほかに、突然倒れた人や酔っぱらいなどの世話にも、「介抱」は使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 零戦の画像
    数字「0」の読みには「ゼロ」と「れい」がある。 ゼロは、インドで生まれた概念がヨーロッパに伝わり、…
  2. ダイナマイト爆弾の画像
    爆弾とは、爆発させて殺傷・破壊するための爆薬を装填した兵器。 爆弾には、核爆弾(原子爆弾・水素爆弾…
  3. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  1. カウンターで応対する画像
    応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。 「電話応対」と「…
  2. 映画の制作現場画像
    制作は、美術作品、映画、テレビ番組など、芸術作品の創作活動に用いられることが多い。 製作は、実用的…
  3. ゆく年くる年の画像
    「昨年」「去年」「前年」「旧年」は、いずれも今年の前の年を表す言葉だが、場面に応じた使い分けが必要で…
  4. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  5. 友達を招集する画像
    召集も招集も、人を集めるという点は同じだが、召集が「呼び出して集める」、招集は「招き集める」という意…
ページ上部へ戻る