「産科」「婦人科」「産婦人科」の違い

妊娠画像

産科とは、妊娠・出産・産後など、出産に関することを扱う医療機関。
婦人科とは、女性生殖器の腫瘍性疾患、性感染症、更年期障害、不妊、生理不順などの内分泌疾患を扱う医療機関。
産婦人科とは、産科と婦人科の範囲を診療する医療機関。

基本的に、産科は婦人病などの診療を行っておらず、婦人科は妊娠に関する診察は行っていないことが多い。
産科と婦人科を兼ね備えた産婦人科であれば、婦人病の診療も受けられ、出産もできると思われがちだが、そうとは限らない。

近年は、妊婦検診や不妊治療には対応しているが、設備が不十分であったり、人材不足などにより、分娩に対応できない産婦人科が増えている。
そのような産婦人科で妊娠の診察を受けた場合は、別の分娩可能な医療機関で入院・出産することになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る