「王将」と「玉将」の違い

王将と玉将の画像

一組の将棋駒で、「飛車」「角行」「金将」「銀将」「桂馬」「香車」「歩兵」は両者一対となっているが、「王将(王)」と「玉将(玉)」だけは、それぞれ1枚ずつしかない。

王将と玉将は、大将・主将に相当するため、「玉将」は「王」に点を付けたものと思われがちだが、元々は「玉将」しかなく、「玉」から点を取ったのが「王将」である。
王将が生まれた由来は不明だが、「玉」と「王」の字が似ているため一方を「王」にしたとする説や、豊臣秀吉が「王でないと気に入らない」「王は一人でよい」と言って一方の点を取ったなど諸説ある。
「玉」は宝石を表す言葉で、他に「将」が付く「金将(金)」と「銀将(銀)」も、宝物に通じる言葉が使われている。

王将と玉将の駒の動きに違いはなく、同じ機能の駒である。
慣例として、上位の者が「王将」、下位の者が「玉将」を使うという違いはあるが、先手と後手の決め方は振り駒であるため、王将と玉将で先手・後手が決まることもない。

上位者と下位者以外は、将棋を進める上で王将と玉将に違いはなく、あるのは下記のような表現上の違いである。

棋譜の読み上げでは、「王将」も「玉将」も「ぎょく」という。
自分側の王将(玉将)を「自玉」、相手側の王将(玉将)を「敵玉」という。
棋譜・局面図に「王」を使うと、どっちがどっちを向いているか分かりにくため、王将も「玉」で表す。
「王手」と言うが「玉手」とは言わない。
将棋のタイトルに、「王将戦」はあるが「玉将戦」はない。
村田英雄の歌に「王将」はあるが、「玉将」は歌っていない。
「餃子の王将」や「大阪王将」はあるが、「餃子の玉将」や「大阪玉将」はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ストレートヘアの画像
    ストレートパーマも縮毛矯正も、髪の毛を真っ直ぐにするという点では同じだが、その目的、施術工程や施術時…
  2. ワイシャツを着る男性の画像
    ワイシャツもカッターシャツも和製英語で、ワイシャツはホワイトシャツの訛りであるが、白いシャツに限らず…
  3. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
  1. 欲深い人の画像
    欲張りとは、欲が深いこと。また、そのような人のことで、貪欲や強欲よりも日常的に使われる。 貪欲…
  2. おかきの画像
    米菓は「せんべい」と「あられ」、「せんべい」と「おかき」という組み合わせであれば、明確に区別すること…
  3. パンケーキの画像
    パンケーキの「パン」は、フライパンなど、底が平らで取っ手のついた鍋のことで、パンケーキはフライパンな…
  4. 皮革の画像
    皮とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。 「餃子の皮」や「饅頭の皮」な…
  5. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
ページ上部へ戻る