「江戸間」と「京間」「中京間」「団地間」の違い

和室6畳の画像

地域や建物によって、敷く畳のサイズに違いがあり、京間、中京間、江戸間、団地間の順に畳のサイズは小さくなる。
畳のサイズに違いがあるのは、柱間の寸法に違いがあるため。
柱間の寸法に違いがあるのは、それぞれの地域で気候や風土、生活様式に合わせて家が建てられたためである。

江戸間は、関東での使用が多く、東北地方の一部、北海道、三重県伊勢地方でも使用されている。
江戸間の畳のサイズは、5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)の1.5488平米。江戸間の6帖は、9.2928平米である。
江戸間は、関東間や田舎間、五八間、狭間などとも呼ばれる。

京間は、主に近畿・中国・四国・九州で使用される。
京間の畳のサイズは、 6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)の1.82405平米。京間の6帖は10.9443平米である。
京間は、本間や関西間とも呼ばれる。

中京間は、主に愛知・岐阜県の中京地方で使用されるほか、福島・山形・岩手の東北地方の一部、北陸地方の一部、沖縄、奄美大島で使用される。
中京間の畳のサイズは、6尺×3尺(182cm×91cm)の1.6562平米。中京間の6帖は9.9372平米である。
中京間は、三六間とも呼ばれる。

団地間は、公団住宅・アパート・マンション等、集合住宅の大半が団地間である。
団地間の畳のサイズは、5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)の1.445平米。団地間の6帖は8.67平米である。
団地間は、公団間や公団サイズ、五六間とも呼ばれる。

その他、六一間や六二間と呼ばれるサイズもある。
六一間は、広島や岡山などの山陰や近畿の一部で使われるサイズで、6尺1寸×3尺5分(185cm×92.5cm)の1.71125平米。6帖は10.2675平米。安芸間や広島間とも呼ばれる。
六二間は、佐賀や長崎などの九州地方の一部で使われるサイズで、6尺2寸×3尺1寸(188cm×94cm)の1.7672平米。6帖は10.6032平米。佐賀間とも呼ばれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仙台のマンション画像
    マンションは中高層の集合住宅で、アパートは低層の集合住宅というイメージだが、建築基準法でも宅地建物取…
  2. 階段の画像
    ランク(rank)は、順位や等級、順位をつけること。 レベル(level)は、水準や段階。 グレ…
  3. 想いを馳せる画像
    「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。 …
  1. 注意する画像
    留意も注意も用心も、気をつけることを意味するが、使える場面と使えない場面、ニュアンス、気をつける程度…
  2. ヘッドスパトリートメントの画像
    リンス・コンディショナー・トリートメントの定義は統一されておらず、メーカーによって異なるため、商品ご…
  3. 探す人の画像
    探すは、「職を探す」「宝物を探す」「新居を探す」「人のあらを探す」など、欲しいもの、目にしたいものを…
  4. 樽の画像
    樽は、酒・醤油などを入れ、保存・運搬に使用される、蓋が閉じられた容器。 桶は、風桶や寿司桶など、蓋…
  5. 台風で海が荒れる画像
    台風は熱帯低気圧の一種で、構造は同じであるが、最大風速によって「台風」と「熱帯低気圧」に呼び分けられ…
ページ上部へ戻る