「気象衛星ひまわり」と「アメダス」の違い

気象衛星から見た台風の画像

気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。
雲や風、海面温度などの気象観測をする。
気象衛星には、大きく分けて軌道気象衛星と静止気象衛星の2種類あるが、ひまわりは、赤道上空の円軌道を地球の自転同期と同じ同期で公転する静止気象衛星である。

アメダス(AMeDAS)は、「Automated Meteological Date Acquisition Sustem」の略で、地域気象観測システムのこと。
日本全国に1,300カ所の無人自動観測所があり、気温・降水量・風向・風速・日照時間などを観測する。
データは、通信回線で気象庁の地域気象観測センターに送られ、チェックされた後に全国の気象台へ配信される。

関連記事

  1. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  2. 速い犬の画像
    速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであると…
  3. しらたきの画像
    紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。 色…
  1. トリのステージ画像
    トリは、寄席で最後に出演する人をいう寄席用語。 語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け…
  2. 花見の酒画像
    日本酒には「特定名称酒」と「普通酒(一般酒)」があるが、特定名称酒は原料と製造方法の違いによって「吟…
  3. きのこの傘(笠)画像
    傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。 傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さ…
  4. 夜の道頓堀画像
    関西は、関東に対して「逢坂の関(現在の滋賀県大津市)」から西を指す名称で、大阪府・京都府・兵庫県・滋…
  5. レートの画像
    利率とは、一定期間内の元金に対する利息の割合のことで、「表面利率」や「クーポンレート」とも呼ばれる。…
ページ上部へ戻る