「根本的」と「抜本的」の違い

抜本的な見直しをする画像

根本的の「根本」は、物事を成り立たせている大本や、基礎になるもののことで、根本的は、そのようなさまをいう。
そのため、「根本的な解決」「根本的改革」「根本的な見直し」「根本的な誤り」「根本的な問題」など、物事が成り立つ基礎的なことに広く使える。

抜本的の「抜本」は、「抜く」という字が入っているように、根本の原因を抜き去ることで、抜本的は、物事の根本に立ち戻って是正することをいう。
改めることについてのみ使える言葉なので、「抜本的な解決」「抜本的改革」「抜本的な見直し」などとはいうが、「抜本的な誤り」や「抜本的な問題」とは使えない。

抜本的は改めることが前提にある言葉なので、根本的よりも使用範囲は狭くなるが、改めることをいう場合は、「大本の原因を抜き去って必ず変える」という強い意志を表すことができる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る