インクの画像

インクジェットプリンターのインクには、染料インクと顔料インクがあり、それぞれにメリット・デメリットがある。

染料インクは、着色成分が溶剤に溶けているインク。
用紙に浸透するため、鮮やかで透明性があり、色の再現度が高い。
印刷表面が滑らかで、光沢感も出やすいため、写真の印刷に適している。
写真専用の用紙など、表面が特殊加工されている用紙であれば、綺麗な発色となる染料インクだが、普通紙の場合はインクが染み込み、滲むこことがある。
また、色が安定するまでに時間がかかり、水や紫外線に弱く、色褪せやすいというデメリットもあるため、長期保存が必要な書類の印刷には適していない。

顔料インクは、着色成分が大きな粒子で溶剤に溶けきっていないインク。
用紙に浸透せず、表面にインクを定着させるため、普通紙でも滲みが少なく、速乾性があり、色の安定も早い。
文字がくっくりと表現され、耐水性・耐光性に優れているため、長期保存が必要な書類の印刷に適している。
繊細な色の表現が難しいため、写真の印刷に不向きだが、普通紙に印刷する場合は、染料インクよりも顔料インクの方が鮮明に印刷される。
粒子が粗いため、プリンターヘッドが目詰まりしやすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 扇子を持つ女性の画像
    団扇も扇子も、手に持ち、あおいで風を起こす道具で、扇(おうぎ)の一種。 単に、「扇」と言った場合は…
  2. 映画鑑賞の画像
    観賞の「観」は「観光」や「観測」などに用いられるように、見る(観る)の意味があり、観賞は見て楽しむこ…
  3. 十分に注がれ溢れそうな画像
    元々、日本では「十分」が使われており、「充足」や「充実」などの言葉の意味から、「充分」の表記もされる…
  1. 帰省ラッシュの画像
    帰省は、お盆や年末年始などの休暇を利用し、一時的に故郷へ帰る意味で使われることが多い。 帰省の「省…
  2. 謹んでご挨拶の画像
    つつしむは、漢字で「慎む」や「謹む」と書く。 共に「包む」が語源で、二つの漢字を使った熟語には「謹…
  3. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  4. みたらし団子の画像
    団子(だんご)は、うるち米などの穀類の粉を丸めて茹でたり蒸したりしたもの。 餅(もち)は、糯米(も…
  5. 刀を持つおじさんの画像
    おじさんの漢字表記には、「伯父さん」「叔父さん」「小父さん」がある。 いずれも同源だが、対象が違え…
ページ上部へ戻る