「昼光色」と「昼白色」「電球色」の違い

部屋の照明画像

LED電球や蛍光灯の色には、「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」があり、主に使われるのは「昼光色」と「昼白色」と「電球色」の3色である。

昼光色は、寒色系の青っぽい色で、パナソニックでは「クール色」、NECでは「フレッシュ色」とも呼ばれる。
昼白色は、自然な白っぽい色で、パナソニックでは「ナチュラル色」、NECでは「マイルド色」とも呼ばれる。
電球色は、暖色系のオレンジっぽい色で、パナソニックでは「ウォーム色」、NECでは「リラックス色」とも呼ばれる。

昼光色は、部屋をすっきりと明るくし、読み書きや裁縫など細かなものを見るのに向いている。
また、青みがかった光の色は集中力を高め、脳を覚醒させる効果があるため、昼光色は勉強部屋や書斎・オフィスなどに適した色である。
ただし、明るくはっきり見やすい分、疲れやすく、偏頭痛の原因にもなる。

昼白色は、太陽に近い自然な光で部屋を明るくするため、洋服選びや化粧などに向いている。
昼光色が明るすぎると感じる場合は、昼白色を選ぶとよい。

電球色は、暖かみのある落ち着いた光で、寝室やリビング・和室に向いている。
また、電球色は料理が美しく見える色なので、食卓や飲食店にも適した色である。

これらの色は、色温度(光の色を求める温度)で分けられ、色温度にはK(ケルビン)という単位を用いる。
色温度が低い時は暗いオレンジで、色温度が高くなるにつれて明るくなり、色も黄色、白色、青色へ変わっていく。
昼光色・昼白色・白色・温白色・電球色の色温度は、おおむね以下の通りである。

昼光色は、6,500~6,700K
昼白色は、5,000K
白色は、4,200K
温白色は、3,500K
電球色は、2,800~3,000K
なお、普通の太陽光は5,000~6,000K、澄み切った場所の正午の太陽光は6,500K、朝日や夕日は2,000Kぐらいといわれる。

最近のシーリングライトは、場面に合わせて光の色・明るさを変えられるよう、色温度調整機能が付いたものも多く販売されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像
    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふ…
  2. ブスだっていいじゃないかの画像
    「かわいい」と「かわいらしい」は、顔や声、物などに対して、愛すべきである、大事にしたいといった感情を…
  3. 竹林の画像
    木も草も、光合成によって成長する植物。 一般に、木は大きく高く育ち、草は小さく低く育つというイメー…
  1. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
  2. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  3. 意図的の画像
    意図的と恣意的は、類語ではなく、全く意味の異なる言葉なので、誤用に注意が必要である。 意図は何…
  4. お彼岸の画像
    春のお彼岸は、春分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間。 秋のお彼岸は、秋分の日を中日とし、前…
  5. お金が足りない画像
    「足りない」と「足らない」は意味に違いはなく、どちらを使っても誤りではないが、「足りない」の方が現代…
ページ上部へ戻る