「手段」と「方法」の違い

方法を考える画像

手段と方法の意味は、ある目的を実現させるためのやり方のことで共通し、「有効な手段」は「有効な方法」に言い換えが可能である。

しかし、方法は目的に達するための計画的・全体的なやり方の意味で使うことが多いのに対し、手段はその一部で、目的に達するための個々の段階的・具体的なやり方の意味で使うことが多い。

そのため、「方法的に誤っている」「サービスのご利用方法」「方法論」など、目的に達するための全体的なやり方を表す場合は、「手段」に言い換えると不自然になる。
「卑劣な手段に出る」「非常手段」「交通手段がなくなった」など、目的に達するための具体的なやり方を表す場合、「方法」では不自然になるのである。

また、「方法」と「手段」のどちらを使っても不自然ではないが、表す対象範囲が変わってくることもある。
「彼はこのような方法で成功した」といった場合は、成功(目的)に繋がる行動の全てを表す。
これを「手段」に置き換えると、決め手となったある一点の行動を表すことになる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 石を避ける画像
  2. コンソメスープの画像
  3. 妊婦の体の画像
  4. 竹を食べるパンダの画像
  5. 校正の画像
  6. 首都東京の夜景画像
  1. 樽の画像
  2. フクロウ科ミミズクの画像
  3. 和牛仙台牛の画像
  4. 会席料理の画像
  5. 疑問から発見・発明する画像
  6. うなぎの画像
ページ上部へ戻る