「性格」と「性質」の違い

人と水の性質画像

性格とは、人や犬・猫などの高等動物にみられる特有の感情や意思の傾向のこと。
また、事物にきわだってみられる特有な傾向の意味でも使われる。
性格は、主に人に対して使われる言葉だが、事物に対して使われる場合も、「性格が異なる問題」や「性格が異なる組織」など、人為的に生じた事柄。また、人為的に変わる可能性のある事柄が対象である。

性質とは、もって生まれた気質のこと。
事物に本来備わっている特色の意味でも使われる。
性質は、「水に溶けやすい性質」など人以外の物事にも多く使われる言葉で、その物事がもともと持っている特性をいう。

性格は、先天的にもっている資質と、環境などの後天的な要因が混じり合い形成されるものの意味が強いが、性質は、もともと備わっている特徴のことで、先天的なものの意味が強い。
性格は後天的な要因も含まれるため、今後変わる可能性もあるが、性質はもともと備わっているものなので、変わる可能性はない。
そのため、「性格が悪い」と「性質が悪い」といった場合、より批判的なのは「性質が悪い」の方である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 高速道路の画像
    高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)があり、パーキングエリアより…
  2. 対称的のようで対照的な人を対象にした画像
    対象と対照と対称の使い分けは、英語にすると分かりやすい。 対象とは、行為が向けられる目標や相手…
  3. 懐古的な画像
    懐古と回顧は、昔を思い返すという点では共通するが、意味に違いがあり、使い分けが必要である。 懐…
  1. パートで働く人の画像
    パートとアルバイトは、法律上は名称による区別がされておらず、パートタイム労働法では「1週間の所定労働…
  2. 部屋の照明画像
    LED電球や蛍光灯の色には、「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」があり、主に使われるのは…
  3. 青田の画像
    青田買いと青田刈りは、企業が優秀な人材確保のため、新入社員採用期間よりも早く、卒業見込みの学生や生徒…
  4. カラフルな羽根の画像
    鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記…
  5. 油の画像
    油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。 脂は「月(にくづき…
ページ上部へ戻る