「思う」と「想う」の違い

想いを馳せる画像

「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。
「思う」と「想う」の漢字の成り立ちを見ても、このような違い・使い分けがわかる。

「思」の「田」の部分は幼児の脳の形を表したもので、「心」は心臓の形。
つまり、頭で考えたり、心で感じることを表すのが「思う」。

一方の「想」は、木を対象として見ることを表す「相」に「心」。
つまり、頭で考えるのではなく、心でその姿を見るのが「想う」で、対象をイメージしている分、「思う」よりも感情を込めた表現になる。

同じ「相手をおもう」という言葉でも、「相手を思う」では普通の表現になるが、「相手を想う」と書いた場合は、相手の姿や性格などを具体的にイメージしていることになるため、より感情を強く表すことができる。
「おもいで」の場合も、「思い出」は普通の表現だが、「想い出」は当時の情景を心に描いているような印象を与える。

基本的には「思う」を用い、感情を込めた表現には「想う」を用いるが、「思う」と「想う」以外にも、「おもう」には「念う」「懐う」「憶う」「惟う」がある。

念うは、その「おもい」が揺るぎないものであることを強調する場合。
懐うは、しみじみと「おもう」ことを表す場合。
憶うは、忘れないでいる、おもい出すことを表す場合。
惟うは、「惟うに」といったかたちで、「考えてみるに」「思いめぐらしてみるに」の意味で用いる。

関連記事

  1. 緑茶と紅茶と烏龍茶の画像
    緑茶も紅茶も烏龍茶も、全てバキ科のチャノキ(学名:カメリアシネンシス)が原料であるが、茶葉を製法する…
  2. 森林の画像
    農林水産省の定義では、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」としてい…
  3. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  1. 小額で少額な画像
    小額は「小さな額」で、金額の単位が小さいという意味。 1万円札に対して1円玉や100円玉などが小額…
  2. 雨をカットする画像
    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのこ…
  3. 妊婦の体の画像
    母体は、産前から産後までを含めた母親の体のこと。 「母体の健康」や「母体の安全」という時の「母体」…
  4. 手を繋ぎたがる同級生の画像
    同級生は、同じ学級の生徒、クラスメートのことをいう。 本来は、同じ学校で同学年の生徒であっても、ク…
  5. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
ページ上部へ戻る