「平和」と「和平」の違い

平和な画像

平和と和平の意味は似ているが、使い分けは明確で、平和は、戦争や紛争・災害などがなく、世の中や暮らしが穏やかな状態にあること。
和平は、争っていた国同士が仲直りするなど、平和な状態になること。
つまり、おだやかな「状態」を表すのが「平和」、平和な状態になるという「状態の変化」を表すのが「和平」である。

そのため、「平和を維持する」とは言うが、「和平を維持する」とは言わない。
「平和主義」とは言うが、「和平主義」とは言わない。
「和平交渉」とは言うが、「平和交渉」とは言わない。
「平和会議」と「和平会議」は共に使われる言葉だが、「平和会議」は平和を議題とした会議のこと、「和平会議」は争いの解決に向けた会議のことで意味が異なる。

また、「平和な家庭を築く」「平和な国づくり」など、平和は形容動詞の連体形「~な」の形を作れるが、和平は状態の変化を表すため、「和平な家庭」や「和平な国」という表現はできない。

関連記事

  1. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  2. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
  3. ダンカン馬鹿野郎たけしの画像
    バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バ…
  1. おざなりな画像
    「おざなり」と「なおざり」は、「いい加減に対処する」という意味では同じであるが、使う場面が違ってくる…
  2. 警視庁のパトカーの画像
    警視庁は、「大阪府警察本部」や「神奈川県警察本部」など都道府県に置かれる「警察本部」と同等の組織で、…
  3. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  4. 福島県五色沼の青沼画像
    池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。 泉は、「出づ水」が語源であるよう…
  5. 雹の画像
    「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。 ひょ…
ページ上部へ戻る