「干支」と「十二支」の違い

干支の動物画像

今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と表現されるが、干支は十干と十二支を合わせた「十干十二支」の略なので、本来は誤りである。

十干は、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)。
十二支は、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)。

この十干と十二支を順に組み合わせ、甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)というのが干支で、2016年であれば「丙申(ひのえざる)」、2017年であれば「丁酉(ひのととり)」が干支である。
干支には60の組み合わせがあり、一巡すると還暦になる。

干支の読みには、「えと」と「かんし」がある。
「えと」でも「かんし」でも十二支を表していなことに変わりはないが、十二支を表すのであれば、「干支」の音読「かんし」の方がまだ正しいといえる。

十干をよく見ると分かるが、「えと」は十干のことである。
十干は、五行(木・火・土・金・水)に、陽を表す「兄(え)」と陰を表す「弟(と)」を付けたもので、甲であれば「木の兄(きのえ)」、癸であれば「水の弟(みずのと)」を表す。
ここから、十干を「えと」と呼ぶようになり、干支も「えと」と読むようになっただけで、本来、「えと」に十二支は含まれていないのである。

ただし、現代では十干が使われることが少なく、干支といえば十二支、干支の読みは「えと」が一般的になっているため、「干支(えと)=十二支」でも間違いとは言えなくなっている。

関連記事

  1. 女性のからだの画像
    「からだ」の漢字には、体・身体・躰・躯・軆・軀・體があり、一般的には「体」、次いで「身体」と書かれる…
  2. 改札の画像
    交通機関が発行する乗車券の「切符」。 一般には漢字表記しているが、JRでは「きっぷ」とひらがな表記…
  3. 笑う人の画像
    大笑いとは、大声で笑うこと。 また、他人の言動をあざけり笑う「物笑い」と似た意味で、ひどい物笑いの…
  1. アニメ漫画の画像
    漫画とは、絵と文字で表現された物語のこと。 アニメとは、アニメーションの略で、動作や形が少しずつ異…
  2. 金粉で表現する画像
    表す(表わす)は、表に出して示す、表現する、表明するという意味。 使い方には、「気持ちを表す」「文…
  3. 複雑な生い立ちの画像
    生い立ちは、「壮絶な生い立ち」「不幸な生い立ち」「生い立ちムービー」など、どのように育ったかという、…
  4. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
  5. レバニラ炒めの画像
    レバニラ炒めとは、牛や豚のレバーを、ニラやショウガなどと炒め、塩・醤油・コショウなどで味つけした中華…
ページ上部へ戻る