「対応」と「応対」の違い

カウンターで応対する画像

応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。

「電話応対」と「電話対応」はどちらも使う言葉で、対応も人に応じる意味の言葉のようだが、電話応対がかけてきた相手に応じるのに対し、電話対応は電話がかかってくるという状況や、かけてきた相手の用件に応じているのである。

クレーム電話がかかってきた場合、受付は電話を受けるが、そのクレームに応じた処理をする訳ではないので「応対」。
受付が担当者に引き継ぐことは「対応」で、引き継がれた担当者が、クレームに応じて適切な判断をし処理するのは「対応」である。

「応対が良い」といった場合は、言葉使いや態度など、相手とのコミュニケーションの取り方が良いことを表し、「対応が良い」といった場合は、状況に応じた処理の仕方、解決の仕方が良いという意味になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 意図的の画像
    意図的と恣意的は、類語ではなく、全く意味の異なる言葉なので、誤用に注意が必要である。 意図は何…
  2. ウールセーターの画像
    ウールとカシミヤは、いずれも動物繊維だが、毛をとる動物に違いがあるため、暖かさ・軽さといった繊維の質…
  3. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
  1. 一流芸能人三又又三の画像
    芸能人は芸能を職業とする人の総称で、俳優・芸人・歌手・ミュージシャン・アイドル・ファッションモデル・…
  2. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
  3. ビスケットの画像
    クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないな…
  4. エビの画像
    エビを「海老」と表記するのは、長い髭と曲がった腰が老人のように見えることからで、日本で作られた当て字…
  5. 雛人形の画像
    関東で作られる雛人形を「関東雛」、京都で作られる雛人形を「京雛」という。 関東雛と京雛では、顔立ち…
ページ上部へ戻る