「対応」と「応対」の違い

カウンターで応対する画像

応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。

「電話応対」と「電話対応」はどちらも使う言葉で、対応も人に応じる意味の言葉のようだが、電話応対がかけてきた相手に応じるのに対し、電話対応は電話がかかってくるという状況や、かけてきた相手の用件に応じているのである。

クレーム電話がかかってきた場合、受付は電話を受けるが、そのクレームに応じた処理をする訳ではないので「応対」。
受付が担当者に引き継ぐことは「対応」で、引き継がれた担当者が、クレームに応じて適切な判断をし処理するのは「対応」である。

「応対が良い」といった場合は、言葉使いや態度など、相手とのコミュニケーションの取り方が良いことを表し、「対応が良い」といった場合は、状況に応じた処理の仕方、解決の仕方が良いという意味になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. さびしい画像
    「寂しい」と「淋しい」は、意味によって使い分けが必要と思われていることもあるが、「寂しい」と「淋しい…
  2. 友情出演・特別出演の画像
    映画やテレビドラマのエンドロールで、「友情出演」や「特別出演」という文字が書かれていることがある。 …
  3. 食べ放題の画像
    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(ス…
  1. 鍋で茹でる画像
    茹でるは、熱湯で煮ること。 パスタなどは「湯がく」と言わず「茹でる」と言うように、芯まで火を通す時…
  2. httpsのURL画像
    WebサイトのURLには、「http」で始まるものと「https」で始まるものがある。 「ht…
  3. 眼の画像
    目は、物を見る働きをする視覚器官をいう一般的な言葉。 眼球のみならず、まぶたや目尻など眼球の周囲も…
  4. 倉敷川の画像
    「川」の字は、地の間を縫って流れる普通の川を表した象形文字で、一般的には「川」と書く。 「河」の原…
  5. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
ページ上部へ戻る