「寝る」と「眠る」の違い

寝る・眠るカンガルーの画像

寝るは眠りにつくことを意味し、寝るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寝てしまった」というのは間違いで、「立ったまま眠ってしまった」というのが正しい。
寝ると眠るの違いは何かといえば、重点の置かれるポイントで、対義語と合わせて考えるとわかりやすい。

寝たまま本を読んだり、テレビを見たりすることは出来るが、眠った状態では出来ないように、寝ているからといって睡眠状態にあるとは限らない。
寝るの重点は、体を横たえるという体勢にあり、対義語は「起きる」である。

死ぬことを「眠る」とは言っても「寝る」とは言わないように、眠るの重点は、目をつぶること、目を閉じて無意識の状態になること、活動が停止した状態にあるというところで、対義語は「覚める」である。

本来は、体を横たえることが「寝る」、睡眠状態にあることが「眠る」であるが、眠るためには体を横たえるわけであり、体を横にして休ませていれば眠ってしまうという関係にあるため、寝るも「睡眠」を表すようになった。
これは、最近の言葉の乱れではなく、平安時代から同義語として用いられているものである。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 拡声器を使ってお知らせする画像
  2. インクの画像
  3. 重症患者が搬送された画像
  4. ぼろ儲けする画像
  5. 髪がなびく女性の画像
  6. みたらし団子の画像
  1. 複雑な生い立ちの画像
  2. 友達を招集する画像
  3. 彗星の画像
  4. 三人家族の画像
  5. きのこの傘(笠)画像
  6. 砂糖の画像
ページ上部へ戻る