「好意」と「厚意」の違い

好意を無にされた画像

「好意」も「厚意」も、相手を思う親切な心という共通の意味があり、「ご好意に甘える」「ご厚意に甘える」は、どちらも使われる。

好意には、親切な気持ちの意味のほか、相手にいだく親しみや、相手を好ましく思う気持ちの意味もあり、親愛という感情に重点が置かれる。
一方の厚意は、親愛の気持ちから行われたものであるかは関係なく、親切心や思いやりの心が、行為によって表れていることに重点が置かれる。

「好意を持つ」「好意を寄せる」などは、行為ではなく感情を表すものなので、「厚意を持つ」「好意を寄せる」とは使えない。

厚意は一般的に、自分ではなく、他人が示してくれた手厚い親切な行為についていうものなので、自分の行為についていう場合は、「私の厚意を無にされた」ではなく、「私の好意を無にされた」と書くのが正しい。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 岐阜羽島駅の画像
  2. 4人体制の画像
  3. 一流芸能人三又又三の画像
  4. オペラ劇場の画像
  5. おばさんの画像
  1. 雑炊の画像
  2. 旨味を感じる赤ちゃんの画像
  3. 名古屋の画像
  4. 砂時計と日記の画像
  5. 海藻サラダの画像
  6. しらたきの画像
ページ上部へ戻る