「夫」と「主人」「旦那」「亭主」の違い

三人家族の画像

夫婦のうち、男性の方を表す言葉には、夫・主人・旦那・亭主などがあるが、最も一般的な呼称は「夫」で、自分の配偶者に対しても、第三者の配偶者に対しても使われる。
ただし、話し相手の配偶者に対して、「夫」を使うことはない。

夫の次に、「主人」が多く使われる。
夫よりも丁寧な言い方で、自分の配偶者をいう際は、夫を立てた表現となり、「ご主人」の形で第三者の配偶者をいう際には、敬意を込めた表現となる。
しかし、主人という言葉は元々、上下関係・主従関係を表し、「一家のあるじ」「自分の仕える人」といった意味を含む言葉であるため、最近では避けられることも多い。

旦那も亭主も、「一家のあるじ」という意味があり、本来は敬意を込めた言い方であったが、現代では、ややくだけた表現として捉えられており、自分の配偶者についても、第三者の配偶者についても、親しい間柄でのみ使われるようになってきている。

主人に「雇用主」の意味があるように、亭主には「宿屋や茶店などのあるじ」の意味がある。
また、旦那は元々「お布施」から「寺院の施主」を表すようになり、転じて、「生活の面倒を見る人」「パトロン」の意味となり、奉公人が主人をいったり、妻が夫を呼ぶときの敬称となった言葉である。
ちなみに、「寺院の施主」の意味で「だんな」を用いる際は、「檀那」と表記される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 探す人の画像
    探すは、「職を探す」「宝物を探す」「新居を探す」「人のあらを探す」など、欲しいもの、目にしたいものを…
  2. 児童が使う古い教室の画像
    一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。 学校…
  3. 仙台のコスプレ犬画像
    コスプレは、コスチュームプレイを略した和製英語で、漫画・アニメ・ゲームのキャラクターや、ビジュアル系…
  1. ヨガの画像
    ヨガ(ヨーガ)とピラティスは似たものと思われがちだが、ヨガとピラティスでは、成り立ちや技法、使用する…
  2. 酒を飲む画像
    液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではな…
  3. セクハラ画像
    事実は、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。 真実は、嘘偽りのないこと、本当のことを意味する。 …
  4. 同棲中のカップル画像
    同居とは、同じ家に住むこと。 親族や恋人関係に限らず使う言葉だが、友達同士や他人同士が同じ家に住む…
  5. 祝日に掲げる国旗の画像
    暦の上で休日となっている日を「祝日」「祭日」「祝祭日」などと言うが、「祭日」や「祝祭日」は俗称である…
ページ上部へ戻る