「大漁」と「豊漁」の違い

大漁の画像

大漁も豊漁も、魚が大量に捕れることを意味するが、どの時点での漁獲量かによって使い分けがある。

大漁は、一回の漁で魚がたくさん捕れること。
「今日は大漁だ」や「今年一番の大漁だ」とは言うが、「今日は豊漁だ」や「今年一番の豊漁だ」とは言わない。

豊漁は、シーズンや特定の期間中に魚がたくさん捕れること。
「今年は豊漁だ」とは言うが、「今年は大漁だ」とは言わない。

ただし、年に一度の釣りイベントなどの場合、年と一回の漁が同じであり、一年間に捕れた量の合計ではないため、「今年は大漁だ」と言うのが正しい。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 婚姻届の画像
  2. DNAの画像
  3. 部下に指示する画像
  4. 魚の画像
  5. オレンジの画像
  6. 竹林の画像
  1. 象の家族のぶらぶら散歩画像
  2. 大漁の画像
  3. 機能していないサンダルの画像
  4. 倉敷川の画像
  5. 速い犬の画像
  6. うなぎの画像
ページ上部へ戻る