「土」「泥」「泥土」の違い

土の画像

土は、岩石が分解して粗い粉状になったもの。
生物の死骸や、腐植物、微生物なども含んでいう。

泥は、粘り気のある液状のものをいう「どろどろ」が語源で、水が混じって軟らかくなった土のことをいう。

泥土(ういじ・でいど・どろつち)は、水に溶けた土を表す言葉で、「泥」のことである。

つまり、水分を含んで軟らかい土は、「土」でもあり「泥」や「泥土」でもあるが、乾燥して硬い土は、「土」ではあるが「泥」や「泥土」ではないという違いだけで、物質的に大きな違いがある訳ではない。

「土」「泥」「泥土」を言葉(単語)として見た場合、土は「土壌」「大地」「地面」「陸地」「容貌の醜いこと」の意味、泥は「泥棒」の略、泥土は「つまらないもの」「けがれたもの」などの意味で使われるという違いがある。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る