「商品」と「製品」の違い

製品かつ商品の画像

商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。
製品は、製造された品物の意味で、原料から作られた品物のこと。
簿記会計においても、商品は加工せずに販売するものを指し、製品は加工して販売するものを指す。

自社工場で製造し、販売まで行っているメーカーの場合、同じ品物でも、工場で出来上がった段階は「製品」であるが、市場に販売される段階には「商品」となる。
他社製品を仕入れて販売する場合は、仕入れ先の他社工場にある段階では「他社製品」であるが、仕入れて販売する段階には「自社商品」となる。

また、商品は品物に限らず、「財テク商品」や「保険商品」といったサービスについても用いられる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る