「古本」と「古書」の違い

古本と古書の画像

古本と古書は、古い本という意味では同じである。
しかし、古書には昔の古い書物の意味もあるため、明確な線引きはないものの、次のような形で使い分けされていることが多い。

古本は、誰かの手に渡ったことのある本、読み古した本のことで、新本に対する語。
新本が新品、古本が中古品という位置づけで、まだ一般書店で取り扱っている新刊本でも、誰かの手に渡り、市場に出てきたものであれば古本である。

古書は、すでに絶版となっており、一般書店では入手不可能な本のこと。
ただし、絶版から日の浅いものは古本として扱われる。
古書として扱われるのは、古文書、古地図、古写経など歴史的な価値があるものや、ISBNコードが付されていない時代に出版された本など、古く希少価値の高い本を指す。

「古本屋」と「古書店」という呼称の違いは、上記の「古本」と「古書」の違いとは異なる。
サイト名では「古本屋」と付くところもあるが、「古本屋」は主に話し言葉として使われるもので、実店舗の店名では「古書店」が一般的である。
そのため、「古書店」とあっても比較的新しい古本ばかりを扱う店もある。
また、「古書店」ではなく「書店」と名乗る店も多いため、店名で扱う本を区別することはできない。

関連記事

  1. 薬用ハンドクリームの画像
    薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。 医薬…
  2. バターを塗る画像
    バターは、牛乳から分離したクリームを練り固めた食品で、動物性脂肪が主成分となっている。 マーガ…
  3. さびしい画像
    「寂しい」と「淋しい」は、意味によって使い分けが必要と思われていることもあるが、「寂しい」と「淋しい…
  1. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
  2. セクハラ画像
    事実は、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。 真実は、嘘偽りのないこと、本当のことを意味する。 …
  3. 富嶽三十六景富士山画像
    国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。 昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とす…
  4. 都会のホームレス画像
    「住めば都」と「住まば都」は、響きは似ているが全く意味の違う言葉である。 住めば都は、どんな不…
  5. トラック集団の画像
    トラックは、貨物自動車全般を指し、荷台がフラットになった「平ボディ」、荷台がアルミ製の箱型になった「…
ページ上部へ戻る