「参加」「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」の違い

参加する人々の画像

「参加」「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」は、いずれも、ある集まりに加わることをいう。
一員として加わる意味で幅広く使われるのが「参加」で、加わることのくだけた表現が「仲間入り」。
「参画」「加入」「加盟」は、「参加」や「仲間入り」に比べて表現の幅が狭くなる。

「参画」は、事業や政策などの計画に加わることで、ただ仲間に加わるだけではなく、計画段階から関わる場合に用いる。
「参加」との違いは、既にあるものに加わる「参加」と、計画段階から関わる「参画」といわれることもある。
しかし、「参画」が計画段階からというのは正しいが、「計画立案に参加する」という言い回しもされるように、「参加」は既にあるものに限った表現ではない。

「参加」に比べ、団体や組織などへ入ることを強く意識された表現となるのが「加入」と「加盟」で、何らかの義務を負ったり、恩恵を受けたりする場合に用いる。
「参加」「参画」「加入」「仲間入り」は、加わる対象が一個人でも団体でも用いられるが、「加盟」は団体や国が加わる場合にのみ用い、一個人が加わる場合には用いられない。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る