「参加」と「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」の違い

参加する人々の画像

「参加」「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」は、いずれも、ある集まりに加わることをいう。
一員として加わる意味で幅広く使われるのが「参加」で、加わることのくだけた表現が「仲間入り」。
「参画」「加入」「加盟」は、「参加」や「仲間入り」に比べて表現の幅が狭くなる。

「参画」は、事業や政策などの計画に加わることで、ただ仲間に加わるだけではなく、計画段階から関わる場合に用いる。
「参加」との違いは、既にあるものに加わる「参加」と、計画段階から関わる「参画」といわれることもある。
しかし、「参画」が計画段階からというのは正しいが、「計画立案に参加する」という言い回しもされるように、「参加」は既にあるものに限った表現ではない。

「参加」に比べ、団体や組織などへ入ることを強く意識された表現となるのが「加入」と「加盟」で、何らかの義務を負ったり、恩恵を受けたりする場合に用いる。
「参加」「参画」「加入」「仲間入り」は、加わる対象が一個人でも団体でも用いられるが、「加盟」は団体や国が加わる場合にのみ用い、一個人が加わる場合には用いられない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 炒り卵の画像
    スクランブルエッグを「洋風炒り卵」とも呼ぶように、スクランブルエッグは炒り卵の一種であるが別の食べ物…
  2. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  3. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  1. 進歩の画像
    進歩とは、物事が次第によい方、望ましい方へ進んで行くことで、以前よりも悪い方へ進むことは「退歩」。 …
  2. 鍋で茹でる画像
    茹でるは、熱湯で煮ること。 パスタなどは「湯がく」と言わず「茹でる」と言うように、芯まで火を通す時…
  3. 香水の画像
    香水は、香料をアルコールで溶かした液体。 化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム…
  4. 神楽坂の路地画像
    路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の…
  5. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
ページ上部へ戻る