「印鑑」と「はんこ」「印章」の違い

はんこを押す画像

印鑑・はんこ・印章は全て同じものと思われがちだが、厳密には、はんこと印章は同じもの、印鑑はそれらと違うものを指す。

印章(はんこ)は、木・竹・石・角・象牙・金属・合成樹脂などに、文字や記章を彫り、個人や団体のしるしとして押すものである。
はんこや印章のほか、印(いん)・判(はん)・印判(いんばん)・印顆(いんか)などともいう。
なお、はんこを漢字で「判子」と書くのは当て字である。

印鑑とは、紙などに押した印章(はんこ)の跡。
というのも厳密には間違いで、印章(はんこ)を押した跡は「印影」という。

印鑑は、印章(はんこ)が所有者のものであるかを真偽鑑定するため、あらかじめ市区町村長や取引先などに届け出し、保存されている印影のこと。
市区町村長に登録されている個人の実印の印影、法務局に登録されている法人の実印の印影、銀行に登録されている銀行印の印影などが、印鑑である、

一般に、印章(はんこ)の意味で「印鑑」を使うことが多くなっているため、「印鑑を押す」と言っても間違いとはされていない。
しかし、登録されている実印や銀行印の印影は「印鑑」としか呼ばず、これを「印章」や「はんこ」と呼ぶのは間違いである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 参加する人々の画像
    「参加」「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」は、いずれも、ある集まりに加わることをいう。 一員とし…
  2. 森の画像
    「森」は「木」を3つ組み合わせた漢字で、本来は樹木が沢山生えている”様子”を表したが、日本では樹木が…
  3. ダンカン馬鹿野郎たけしの画像
    バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バ…
  1. 元美脚画像
    一般的には「足」が多く使われるが、人のあしを指す部分によって漢字を使い分ける場合は、足首からつま先の…
  2. 無料の画像
    無料も無償も、商品やサービスに対する料金を払わなくてよいという意味では同じだが、どちらが得かといえば…
  3. 利息を数える画像
    金銭などの貸借の対価として、一定の割合で支払われる金銭を「利子」や「利息」といい、これらの意味に違い…
  4. 研究画像
    科学は、様々な事象を観察や実験などによって実証された体系的・法則的知識。 広義には、物理学・化学・…
  5. プロテインの効果効能画像
    「薬の効果が現れる」と「薬の効能が現れる」のように、「効き目」という意味では効果と効能のどちらも使う…
ページ上部へ戻る