「十分」と「充分」の違い

十分に注がれ溢れそうな画像

元々、日本では「十分」が使われており、「充足」や「充実」などの言葉の意味から、「充分」の表記もされるようになった。
文部科学省用字用語例では「十分」と書くため、公文書では「十分」が用いられる。
ただし、日本国憲法第37条では「充分」が使われている。

私的な文章でも「十分」で統一されることが多いが、使い分ける際には、1・2・3ときて10になることから、十分が数値的・物理的に満たされていること。
充分は、満ち(充ち)足りることなので、量的なものではなく、精神的に満たされていることに用いられることが多い。
例えば、腹八分目であれば、十分食べたことにはならないが、充分な満足感を得ることはできる、といったものである。

しかし、数値的に満たされることには「十分」を使うと決めてしまうことで、伝わりにくくなることもある。
「十分に人が集まった」「十分煮る」「残り三十分だから、時間は十分ある」と書いてあったら、時間の「10分」を表しているのか、不足がない意味の「十分」なのか。

「十分」と「充分」の使い分け方について、もっともらしく書いてあるものも多いが、本来は両者に区別はなく、同じ意味を表す言葉なのでどちらを使っても問題ない。
公的文書では「充分」を使えないため、時間の10分と間違われやすければ、別の言葉に置き換えるか、前後の文で調整する必要があるが、公的文書以外で使う場合は、数値的・精神的での使い分けを考慮しつつ、場面に応じて意味が伝わりやすい方を選ぶのが一番である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ひとり旅の画像
    ひとりの漢字表記「一人」は、人数が1である。一名であることを表す。 「独り」は、孤独の意味以外にも…
  2. 速い犬の画像
    速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであると…
  3. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
  1. 会社を去る画像
    辞任とは、今まで就いていた任務・職務を自分の意志で辞めること。 辞職とは、今まで就いていた職を自分…
  2. 竹を食べるパンダの画像
    竹も笹もイネ科タケ亜科に属する植物で、一般には、大型のものを「竹」、小型のものを「笹」と呼ぶ。 竹…
  3. 野菜を調理し料理を作る画像
    調理も料理も同じ意味で使われる言葉だが、調理よりも料理の方が意味は広い。 調理には、「物事をと…
  4. 崖を飛び越える画像
    越えるは、物の上や障害、境界などを通り過ぎて向こうへ行くことや、時を経過することを表す際に用いる。 …
  5. 蝶の羽画像
    蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶといわれるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。 …
ページ上部へ戻る