「勧める」「奨める」「薦める」の違い

新商品を薦める画像

勧める・奨める・薦めるは、いずれも「進める」と同源で「すすめる」と読む。

勧めるは、「読書を勧める」「出席を勧める」など、行為をするよう人に働きかけることや、「貯蓄するよう勧める」「省エネを勧める」など、そのことを積極的に実行するよう励ますこと。
「座布団を勧める」「酒を勧める」など、物や飲食物を供して使用してもらおうとすることの意味である。

奨めるは「勧める」と同義で、行為をするよう誘ったり、実行するよう励ます意味で使うが、常用漢字表外なので、普通は「勧める」に置き換える。

薦めるは、「候補者として薦める」「新商品を薦める」など、人や事物を採用するよう働きかける意味で使う。

「読書をすすめる」と「良書をすすめる」の場合、「読書をすすめる」の方は、読書という行為をするよう働きかけることで、勧誘や奨励の意味なので「読書を勧める」。
一方の「良書をすすめる」は、数ある本の中から、読むべき本として採用するよう働きかけることで、推薦や推奨の意味なので「良書を薦める」と書く。

このように、「勧める」と「薦める」の使い分けは、働きかけていることが行為か採用なのかによって変わってくるため、似ている事柄をいう時には特に注意が必要である。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 仙台の免震・制震マンション
  2. httpsのURL画像
  3. 東日本大震災の画像
  4. 役付き取締役の画像
  5. 開放感を味わう画像
  6. 孤独な通夜の画像
  1. うなぎの画像
  2. 陶芸スペシャリストの画像
  3. リバーシの画像
  4. チョッキ・ベスト・ジレの画像
  5. 穴の画像
  6. ビスケットの画像
ページ上部へ戻る