「傷(キズ)」と「怪我(ケガ)」の違い

顔面の怪我の画像

皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と怪我の違いは損傷部分の大きさと言われることもあるが、傷と怪我にそのような区別はない。

傷は、皮膚や肉が切れたり破れたりすること。その部分をいう。
また、皮膚や肉に限らず、精神的な痛手、物の表面の裂け目や欠けた部分、欠点、不名誉の意味でも用いられる。
怪我は、傷を負うこと。その傷を意味する。

体の損傷という意味では、傷も怪我も大きな違いがないように思えるが、語源から考えると違いがわかる。

傷は「切る」「刻む」などから転じたと考えられており、負傷することや、負傷した箇所を直接的に表した言葉である。

怪我は「穢る(けがる)」「穢れる(けがれる)」の語幹からと考えられ、「過失」「思わぬ事態」「不測の結果」が本来の意味。
そこから、「過って傷を負うこと」「思いがけず傷つくこと」を意味するようになったもので、傷を負う過程を含んでいるのが「怪我」である。

「傷口」や「傷跡」など、損傷した箇所を表す際は「傷」が多く使われ、「怪我をする」など、傷を負うことを表す際に「怪我」が多く使われるのも、傷が直接的な表現で、怪我が傷を負うまでの過程を含んでいるためである。

怪我から「過って」「思わず」の意味が薄れ、「傷」と同じ意味で使われるようになったため、勘違いされていることもあるが、「怪我の功名」や「下手に手を出と怪我をする」などと言う時の「怪我」は、「傷」ではなく「過ち」や「不測の結果」という意味からである。

関連記事

  1. 倒れる女性の画像
    日射病は、強い直射日光に長時間当たることで発生する病気。 大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節…
  2. ゆく年くる年の画像
    「昨年」「去年」「前年」「旧年」は、いずれも今年の前の年を表す言葉だが、場面に応じた使い分けが必要で…
  3. おばさんの画像
    おばさんの漢字表記には、「伯母さん」「叔母さん」「小母さん」がある。 使い分け方は、おじさんの…
  4. 生コンの画像
    セメントは、石灰石や粘土などを焼成し、粉砕した灰白色の粉末。 無機質接着剤の総称であるが、普通、「…
  5. ジッパーの画像
    「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源で…
  1. セミナー風景の画像
    セミナーは、少人数を対象に、特定のテーマについて開催される講演会や発表会・討論会。 ゼミナールは、…
  2. ダウンロード画像
    ダウンロード(download)は、インターネットなどの通信回線を使い、パソコンやスマホなど下位のコ…
  3. 天国へ旅立つ画像
    心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停…
  4. パンフレットを見る画像
    カタログは、漢字で「型録」と当てられるように「型を記録したもの」、つまり、目録のこと。 製品・商品…
  5. 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像
    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふ…
ページ上部へ戻る