「傷(キズ)」と「怪我(ケガ)」の違い

顔面の怪我の画像

皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と怪我の違いは損傷部分の大きさと言われることもあるが、傷と怪我にそのような区別はない。

傷は、皮膚や肉が切れたり破れたりすること。その部分をいう。
また、皮膚や肉に限らず、精神的な痛手、物の表面の裂け目や欠けた部分、欠点、不名誉の意味でも用いられる。
怪我は、傷を負うこと。その傷を意味する。

体の損傷という意味では、傷も怪我も大きな違いがないように思えるが、語源から考えると違いがわかる。

傷は「切る」「刻む」などから転じたと考えられており、負傷することや、負傷した箇所を直接的に表した言葉である。

怪我は「穢る(けがる)」「穢れる(けがれる)」の語幹からと考えられ、「過失」「思わぬ事態」「不測の結果」が本来の意味。
そこから、「過って傷を負うこと」「思いがけず傷つくこと」を意味するようになったもので、傷を負う過程を含んでいるのが「怪我」である。

「傷口」や「傷跡」など、損傷した箇所を表す際は「傷」が多く使われ、「怪我をする」など、傷を負うことを表す際に「怪我」が多く使われるのも、傷が直接的な表現で、怪我が傷を負うまでの過程を含んでいるためである。

怪我から「過って」「思わず」の意味が薄れ、「傷」と同じ意味で使われるようになったため、勘違いされていることもあるが、「怪我の功名」や「下手に手を出と怪我をする」などと言う時の「怪我」は、「傷」ではなく「過ち」や「不測の結果」という意味からである。

関連記事

  1. ソーセージの画像
    ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。 腸詰めして…
  2. ブスだっていいじゃないかの画像
    「かわいい」と「かわいらしい」は、顔や声、物などに対して、愛すべきである、大事にしたいといった感情を…
  3. ベリームースの画像
    ムースは、フランス語で「泡」を意味するように、泡立てた卵白や生クリームに、フルーツピューレやチョコレ…
  1. 鈴木宗男代議士の画像
    代議士は衆議院議員、国会議員は衆議院議員と参議院議員を指す。 戦前の帝国議会は、衆議院と貴族院…
  2. ベリームースの画像
    ムースは、フランス語で「泡」を意味するように、泡立てた卵白や生クリームに、フルーツピューレやチョコレ…
  3. 部屋の照明画像
    LED電球や蛍光灯の色には、「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」があり、主に使われるのは…
  4. 炒飯の画像
    チャーハン(炒飯)は、中国料理が日本に伝わった料理。 熱した鍋に油をひき、溶き卵、炊いた白米(ご飯…
  5. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
ページ上部へ戻る