「一時雨」と「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

雨雲画像

天気予報の「一時」「時々」「のち」「所により」は、厳密に区別されている。

一時雨は、ある時間のみ連続して降る雨を表す。
連続的に降る雨の時間が、予報対象となる期間の4分の1未満の場合に「一時雨」が用いられる。

時々雨は、降ったり止んだりする雨を表す。
断続的に降る雨の時間の合計が、予報対象となる期間の2分の1未満の場合に「時々雨」が用いられる。

のち雨は、予報期間の後半に雨が降ること。
所により雨は、予報地域の半分より狭い範囲のどこかで雨が降ることを表す。

雨の降る時間を比較した場合、「一時雨」より「時々雨」の方が長い時間降る可能性は高くなるが、一時的に大量の雨が降ることもあれば、少量の雨が断続的に降ることもあり、「一時雨」と「時々雨」との降水量の比較はできない。

また、雨に限らず、晴れ・曇り・雪の場合でも、連続的に4分の1未満であれば「一時」、断続的に2分の1未満であれば「時々」、後半であれば「のち」、地域の半分より狭い範囲のどこかであれば「所により」が用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. イヌワシの画像
    鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。 一般…
  2. スケッチする女性の画像
    デッサンは、フランス語の「dessin」から。日本語では「素描」。 スケッチは、英語の「sketc…
  3. 気象衛星から見た台風の画像
    気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。 雲や風、海面温度などの気象観測をする。 気…
  1. 隣の家の画像
    横とは、水平方向、左右の方向のこと。 位置関係を表した言葉で、縦や斜めではないことを表す。 「横…
  2. トリのステージ画像
    トリは、寄席で最後に出演する人をいう寄席用語。 語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け…
  3. 砂糖の画像
    日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本の…
  4. トレッキングの画像
    登山とトレッキングとハイキングは、それぞれに目的が異なるため、要する時間や道具も異なる。 登山…
  5. 皮革の画像
    皮とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。 「餃子の皮」や「饅頭の皮」な…
ページ上部へ戻る