「一人」と「独り」の違い

ひとり旅の画像

ひとりの漢字表記「一人」は、人数が1である。一名であることを表す。
「独り」は、孤独の意味以外にも、単独・独立・独力・独身など様々な意味で使われる。

「部屋に一人」と書けば、部屋にいる人数が1であることを表し、「部屋に独り」と書けば、その人以外に誰もいなくて寂しい印象を与える。

「ひとり歩き」の場合、「夜道のひとり歩き」であれば、人数を表すので「一人歩き」だが、「赤ちゃんのひとり歩き」は、誰の力も借りずに自力で歩くことなので「独り歩き」。
「数字だけがひとり歩きする」も「独り歩き」で、意図や趣旨とは関係なく物事が進むことを意味する。

「ひとり暮らし」の場合は、使い分けがやや難しい。
人数に重みがあれば「一人暮らし」、孤独や独身、親元を離れ自立したことを表すのであれば「独り暮らし」である。
しかし、「独り」は孤独のイメージが強く、寂しい印象を与えるため、「気ままなひとり暮らし」をいう場合は、人数として考え「一人暮らし」と書くか、ひらがなで「ひとり暮らし」とした方が伝わりやすい。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る