「レギュラー」と「ハイオク」の違い

ガソリンを入れる画像

ガソリン車の燃料として使われるガソリンには、レギュラーとハイオクがある。
「プレミアムガソリン」とも呼ばれるハイオクは、「ハイオクタン価ガソリン」の略で、オクタン価が高い(ハイ)ガソリンのこと。
レギュラーは、ハイオクに対して標準のガソリンであることを表す。

オクタン価とは、異常燃焼・ノッキングのしにくさを示す指数のこと。
オクタン価が高いほど引火点が高く、燃えにくいが、高馬力が出るため、スポーツカーや大型車に使用される。
オクタン価の高いガソリンで燃焼するよう設計されたハイオク限定車にレギュラーガソリンを使うと、ノッキングを起こしやすく、エンジン故障の原因にもなる。

ハイオク仕様以外の車にハイオクを入れた場合は、エンジントラブルなどはない。
しかし、ハイオク仕様以外の車はオクタン価が低くても正常に燃焼するよう設計されているため、値段の高いハイオクを入れるメリットはなく、わずかに燃費がよくなる可能性があるものの、ガソリン代との比ではない。

オクタン価は0~100の数値で表される。
日本では、レギュラーのオクタン価が89以上96未満、ハイオクが96以上とJIS規格によって定められている。

欧州のガソリンは、オクタン価「91」「95」「98」の3種類あるが、「91」はほぼ流通しておらず、「95」がレギュラー、「98」がハイオクとして扱われ、一般的にはレギュラーの「95」が使用されている。
日本でも「95」はレギュラーになるため、欧州車にはレギュラーを入れても良さそうだが、多くの輸入車はハイオク指定されている。

これは、実際に販売されているガソリンのオクタン価に違いがあるため。
JIS規格で「95」はレギュラーに相当するが、日本で実際に販売されているガソリンは、レギュラーが90~91程度、ハイオクが98~100程度で、「95」以上のガソリンを入れようとすれば、ハイオクを入れなければならず、欧州ではレギュラーで大丈夫な車が、日本ではハイオク指定となるのである。

関連記事

  1. 考えるゴリラの画像
    「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に…
  2. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
  3. きのこの傘(笠)画像
    傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。 傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さ…
  1. 下を見つめず空を眺める画像
    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味…
  2. 探す人の画像
    探すは、「職を探す」「宝物を探す」「新居を探す」「人のあらを探す」など、欲しいもの、目にしたいものを…
  3. 人魚の画像
    人魚は上半身は人間の女性の形をしているが、下半身は魚の形をしている。 鬼は体は人間の形をしているが…
  4. 緑茶と紅茶と烏龍茶の画像
    緑茶も紅茶も烏龍茶も、全てバキ科のチャノキ(学名:カメリアシネンシス)が原料であるが、茶葉を製法する…
  5. 最新エコカーの画像
    ハイブリッドカーの「ハイブリッド」は「混合」という意味。 ガソリンエンジンと電気モーターなど、2つ…
ページ上部へ戻る