「ランク」「レベル」「グレード」「クラス」の違い

階段の画像

ランク(rank)は、順位や等級、順位をつけること。
レベル(level)は、水準や段階。
グレード(grade)は、等級や段階。
クラス(class)は、階級・等級・層の意味。

クラスは、優劣などで区分した時のそれぞれの集まりのどこに属するかを表し、対象が個である場合には用いない。
ランクもクラスと同じように、区分された集まりの「等級」も表すが、外部からの評価によって区分された集まりに対して使われることが多い。
グレードも「等級」の意味で用いるが、ランクやクラスのように位置・地位の境界線がはっきりしたものではなく、品質や価値、難易度などが、どの程度の段階にあるかを表す。
レベルもグレードと同様に、どの程度の段階にあるかを意味するが、質的・数値的に見て、どの程度の高さにあるかという、高低度合・差の意味に重点を置いて用いられる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る