「ヨガ」と「ピラティス」の違い

ヨガの画像

ヨガ(ヨーガ)とピラティスは似たものと思われがちだが、ヨガとピラティスでは、成り立ちや技法、使用する道具など、多くの違いがある。

ヨガは元々、古代インドに伝わる宗教的な修行法で、心身を鍛錬し、精神を統一して悟りを開くことを目的としたもので、精神面に重点が置かれる。
一方のピラティスは、第一次世界大戦の時、ドイツ人の従軍看護師ジョセフ・ピラティスが考案したリハビリ用のエクササイズから発展したもので、肉体面(インナーマッスル)に重点が置かれる。

ヨガとピラティスの技法で最も異なる点は、呼吸法。
ヨガはお腹を膨らませたりへこませたりして息をする腹式呼吸で、副交感神経が優位になるため、筋肉をやわらげ、リラックスすることができる。
ピラティスは胸を膨らませたりしぼめたりして息をする胸式呼吸で、交感神経が優位になるため、興奮した状態となり、筋肉の動きを活発にすることができる。

ヨガとピラティスのポーズは似ているものも多いが、ヨガは静止が基本で瞑想があるのに対し、ピラティスに瞑想はなく、ゆっくりとした動きではあるが一連の流れに沿って体を動かす。

ヨガで使用する道具は、ヨガマットとヨガブロックぐらいであるが、ピラティスはマットやブロックに加え、バランスボール(エクササイズボール)、セラバンド(エクササイズバンド)、フォームローラー(ストレッチポール)、フィットネスサークル(レジスタンスサークル)など、使用する道具の種類が多い。

また、ピラティスにはヨガのようにマットの上で行う「マットピラティス」のほかに、ジョセフ・ピラティスが開発したピラティス専用器具を使用する「マシンピラティス」がある。

関連記事

  1. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  2. 火だるまの画像
    暑いは「暑い部屋」「暑い一日」「蒸し暑い」など、体に不快を覚えるほど気温が高いことを表す言葉で、「寒…
  3. マグロの解体ショー画像
    マグロの胴体部分の肉は、大きく「トロ」と「赤身」に分けられる。 トロは赤身に対して脂肪の多い部分で…
  1. 認可する画像
    許可は願いを許すこと、認可は認めて許可することで、意味として大きな違いはないが、行政が与える許可や認…
  2. 花の匂い画像
    臭いは「くさい」とも読むように、「ゴミの臭い」「下水の臭い」など、不快なものが対象。 「犯罪の臭い…
  3. 方言の画像
    訛りは方言を特徴づける要素のひとつなので、「訛り」を「方言」と言っても間違いではいが、それ以外の方言…
  4. 土の画像
    土は、岩石が分解して粗い粉状になったもの。 生物の死骸や、腐植物、微生物なども含んでいう。 …
  5. ソーセージの画像
    ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。 腸詰めして…
ページ上部へ戻る