「マンション」と「アパート」の違い

仙台のマンション画像

マンションは中高層の集合住宅で、アパートは低層の集合住宅というイメージだが、建築基準法でも宅地建物取引業法でも、マンションとアパートを区別する規定はない。

明確な定義がないため、オーナー(大家)は自由に名称をつけることができるが、不動産屋が入居者を募集する際は、あまりにも世間一般の認知と異ならないよう、建物の構造で分類されていることが多い。

不動産業界の主な分類では、木造・プレハブ造・軽量鉄骨造の準耐火・低層(おおむね2階建てまで)物件を「アパート」と呼び、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(ALC)の耐火構造・中高層(おおむね3階建て以上)物件を「マンション」と呼んでいる。

上記のような構造上、マンションはアパートよりも耐震性・耐火性に優れ、生活音もしにくいというメリットがある。
アパートよりマンションの方がセキュリティ面も充実しており、オートロックや防犯カメラが付いたマンションも多い。
アパートのメリットとしては、家賃・管理費・共益費が安いという点が挙げられる。

かつては、分譲住宅にも「アパート」の呼称は用いられたが、現在、賃貸住宅と分譲住宅の両方に用いられる呼称は「マンション」である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ぼろ儲けする画像
    儲けると稼ぐは、利益や収入を得るという意味では共通するが、儲けるよりも稼ぐ方が地道に働くことを表す。…
  2. ねじの画像
    ねじ・ボルト・ビスは、物を締め付けるために用いる、らせん状の溝があるもの。 らせん状の溝があり、回…
  3. 不安に襲われる画像
    物事の成り行きや結果が気になり、心が落ち着かないことを「心配」「不安」「気がかり」といい、「子供の将…
  1. プロテインの効果効能画像
    「薬の効果が現れる」と「薬の効能が現れる」のように、「効き目」という意味では効果と効能のどちらも使う…
  2. 方言の画像
    訛りは方言を特徴づける要素のひとつなので、「訛り」を「方言」と言っても間違いではいが、それ以外の方言…
  3. 火だるまの画像
    暑いは「暑い部屋」「暑い一日」「蒸し暑い」など、体に不快を覚えるほど気温が高いことを表す言葉で、「寒…
  4. 土の画像
    土は、岩石が分解して粗い粉状になったもの。 生物の死骸や、腐植物、微生物なども含んでいう。 …
  5. しらたきの画像
    紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。 色…
ページ上部へ戻る