「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違い

フランス菓子カドのマドレーヌとフィナンシェ画像

フィナンシェもマドレーヌも、フランス発祥の焼き菓子。

フィナンシェは、フランス語で「金融家」「お金持ち」を意味するように、金塊に似た台形のものが多い。
マドレーヌは、ホタテガイをイメージしたものといわれ、貝殻型のものが多い。
そのため、金塊型のフィナンシェ、貝殻型のマドレーヌと形状で見分けられることもあるが、フィナンシェにもマドレーヌにも丸い形をしたものがあり、形状だけで区別できるものではない。

フィナンシェとマドレーヌの作り方は似ているが、材料に違いがある。
フィナンシェに使用する主な材料は、薄力粉・砂糖・卵白・粉末のアーモンド・焦がしバター。
マドレーヌは、薄力粉・砂糖・全卵・ベーキングパウダーが主な材料となる。

このような違いから、フィナンシェはアーモンドの甘さと焦がしバターの風味があり、マドレーヌに比べてサクサクとした食感がする。
マドレーヌは、バターの風味が甘く香り、フィナンシェに比べてしっとりとした食感となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る