「ハイキング」と「ピクニック」「遠足」の違い

ハイキングの画像

ハイキングとピクニックと遠足の違いは目的にあり、行く場所が同じであったとしても、目的によって使い分けされる。

ハイキング(hiking)は、直訳すると「徒歩旅行」で、健康維持や自然を楽しむため、山野を歩くことをいう。
歩くことが目的の中心にあるため、移動手段は必ず徒歩である。

ピクニック(picnic)は、直訳すると「食事を持参しての遠足」。
自然を楽しみながら、野外で食事をすることが目的の中心であるため、移動手段は特に重視されておらず、徒歩であるとは限らない。

遠足は、遠い道のりを歩くことが本来の意味。
しかし、現代では、運動や見学などを目的として行う学校行事のことをいう。
そのため、移動手段が徒歩とは限らず、バスや電車などによる日帰りの小旅行も含めて「遠足」という。

関連記事

  1. 役員の画像
    取締役は、株主総会で選任され、会社の業務執行に関する意思決定をする者のこと。 会社内部での呼称と合…
  2. 想いを馳せる画像
    「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。 …
  3. きのこの傘(笠)画像
    傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。 傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さ…
  1. 保育器に入る未熟児の画像
    未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。 一般には、体重が2,500グラム…
  2. お辞儀の画像
    お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本と…
  3. 2月29日0時前の画像
    うるう年とは、太陽暦と地球の自転速度が一致せず、調整するために1年を366日とする年のこと。 平年…
  4. 快復した人の画像
    回復とは、悪い状態になったものが、元の状態になること。一度失ったものを取り戻すこと。 悪い状態から…
  5. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
ページ上部へ戻る