「デニム」と「ジーンズ」「ジーパン」の違い

ジーンズの画像

デニムとジーンズとジーパンの違いを簡単にまとめるらなば、デニムは生地、ジーンズはデニム生地のズボン、ジーパンはジーンズを指す和製英語といえる。

デニム(denim)は、丈夫な綾織りの厚地綿布のこと。
デニム生地で作られたパンツを「デニムパンツ」といい、それを略して「デニム」と呼ぶため、ジーンズ(ジーパン)と同義に扱われることも多いが、フランス語のserge de Nîmes(ニーム産のサージ生地の意)が語源といわれるように、本来、デニムは生地を指す言葉である。

ジーンズ(jeans)は、一般的には、デニム生地や他の綿素材の厚手織物生地で作られたカジュアルなズボンを指す。
ジーンズの語源は、ジーン生地の産地であるイタリアのジェノヴァを表すフランス語Gêne(ジェーヌ)で、英語に入ってjean(ジーン)となり、jeans(ジーンズ)になったといわれる。
jeansと複数形になっているのは、脚に着用するものを英語では、socks(靴下)、pants(パンツ)、shoes(靴)というように、左右の脚を別として捉え、複数形にするためである。
つまり、jeanであったら生地を指していたが、jeansと複数形になっているので、生地ではなくズボンを表すことになる。
ただし、「ジェノヴァ製」という意味の「Genes」や、「ジェノヴァ人」を意味する「Genoese」からという説もあるためか、生地という認識があるためか、ジーンズはズボンに限らず、デニム生地で作られた衣類全般を指すこともある。

ジーパン(Gパン)は和製英語で、ジーンズの生地で作られたズボンのこと。
ジーンズとジーパンは同じであるが、ジーンズは生地を表すこともあるため、和製英語のジーパンの方がより限定的な表現となる。
ジーパンの語源には、GIが履いてるパンツの略という説もあるが、チノパンがチノクロス生地で作られたパンツの略であるように、ジーパンはジーンズパンツの略とする説が有力。
ジージャン(Gジャン)も、ジーンズジャンパーの略である。
jeans+pantsなのに、JパンではなくGパンと書かれる理由は、単に「ジーパン」の「ジー」を「G」で表現しただけと考えるのが妥当。
ジーンズの語源がGenova(ジェノヴァ)に由来するためともいわれるるが、語源を辿って表記が作られることは稀で、「Gパン」の表記が生まれた時代であれば、なおさら考えがたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. テロの画像
    テロは、「テロリズム(terrorism)」やドイツ語「テロル(Terror)」の略で、政治的主張を…
  2. 鳥の丸食べ画像
    焼き鳥は、鳥肉にタレや塩などをつけ、あぶり焼いたもの。 古くは、スズメやツグミなどを串に刺して丸焼…
  3. 台風の画像
    気象庁で発表される台風情報では、「超大型で非常に強い台風」というように、台風が大きさと強さで表される…
  1. 仙台のコスプレ犬画像
    コスプレは、コスチュームプレイを略した和製英語で、漫画・アニメ・ゲームのキャラクターや、ビジュアル系…
  2. Uターンの画像
    元の場所や方向へ移動することを「帰る」「戻る」「引き返す」という。 帰るは、人・動物・乗り物が…
  3. 印と朱肉の画像
    「押印」と「捺印」と「押捺」は、いずれも印判を押すことをいうが、意味に異なる部分があり、一般的な社会…
  4. 竹を食べるパンダの画像
    竹も笹もイネ科タケ亜科に属する植物で、一般には、大型のものを「竹」、小型のものを「笹」と呼ぶ。 竹…
  5. 出掛ける準備をする画像
    物事をする前に、あらかじめ整えておくという意味では、準備と用意と支度の三語とも使うが、整えておく範囲…
ページ上部へ戻る