「セミナー」と「ゼミナール」の違い

セミナー風景の画像

セミナーは、少人数を対象に、特定のテーマについて開催される講演会や発表会・討論会。
ゼミナールは、教授の指導のもと、少人数の学生が特定のテーマについて研究・報告・討論する形式の大学の授業や、そのクラス。予備校や私塾などが催す講演会などにも使われる。

というのが一般的なイメージだが、上記はどちらが多く使われているかということで、セミナーとゼミナールの意味に違いはない。

違いを挙げるとすれば、ゼミナールは「ゼミ」と略されるが、セミナーは「セミ」と略さないことと、言葉の入ってきた国の違い。
セミナーは、英語の「seminar」から。
ゼミナールは、ドイツ語の「Seminar」から。
セミナーもゼミナールも、語源は同じである。

関連記事

  1. ダックスフンドの画像
    ダックスフントとダックスフンドは、どっちが正しくどっちが間違いということはなく、どちらも正しい。 …
  2. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  3. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  1. ミルクティーの画像
    ミルクティーは、カップに入った熱い紅茶に少量の牛乳を入れて作る。 牛乳は少量しか使わないため、冷蔵…
  2. 新商品を薦める画像
    勧める・奨める・薦めるは、いずれも「進める」と同源で「すすめる」と読む。 勧めるは、「読書を勧…
  3. 遺体の画像
    死体と遺体の違いは、死者の体を物体として表現するか、人格を認めた表現にするかの違いである。 死体は…
  4. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  5. 雨をカットする画像
    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのこ…
ページ上部へ戻る