「ゴルフクラブ」と「カントリークラブ」の違い

ゴルフ場の画像

ゴルフ場の名称に付く「ゴルフクラブ(GC)」と「カントリークラブ(CC)」には明確な違いがあるが、アップダウンの多いコースと少ないコースの違いや、メンバーシップコースとパブリックコースの違いといったものではない。

ゴルフクラブは、その名の通り、ゴルフをプレーするための施設。
カントリークラブは、ゴルフコースに限らず、テニス・水泳・乗馬・保養などの施設を設けたクラブのことである。

名称に「カントリークラブ」が付いているのに、ゴルフコース以外の施設といえば、ショップやクラブハウス、練習場ぐらいしかないと思われるかもしれないが、この違いはあくまで海外の話。

カントリークラブは、アメリカで、田園生活を楽しむ都会人のために、郊外に設けられた複合型レジャーリゾート施設のこと。
これを日本ではゴルフ場の名称として使ったため、カントリークラブなのにテニスや水泳ができない、ゴルフをするだけの施設になったのである。

アメリカのカントリークラブが郊外にあることから、日本では、郊外のゴルフ場の名称に付けられることが多いともいわれるが、「ゴルフクラブ」と「カントリークラブ」のどちらを使うかは、ゴルフ場次第。
そのため、日本に限った話ならば、ゴルフクラブとカントリークラブに違いはないといってよい。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る