「コック」「シェフ」「板前」の違い

コック帽の画像

コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。
オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」である。

シェフはコック長、つまり料理長のことで、フランス語の「chef」から。
英語の「chief(チーフ)」と共に、「頭(かしら)」を意味するラテン語に由来する。
シェフは、メニューや食材の決定、コックの教育指導などを担当し、調理に関するすべての責任を持つ。
オーナーシェフとなれば、経営力も求められる。

板前は、寿司屋や料亭などの日本料理を提供する店の料理人をいう言葉で、関西では「板場」ともいう。
「板さん」や「板」とも呼ばれ、西洋料理などのシェフ(料理長)に相当するのは「板長」である。
日本料理の世界で、板前(料理人)を「コック」と呼ぶことはないが、「シェフ」の呼称が使われることは増えてきている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る