「カタログ」「パンフレット」「リーフレット」の違い

パンフレットを見る画像

カタログは、漢字で「型録」と当てられるように「型を記録したもの」、つまり、目録のこと。
製品・商品・営業内容などを説明・紹介するもので、特徴や効能・効力などを印象づけるため、紙質やデザイン・体裁などにも注意を払って制作されるものが多い。

パンフレットは、複数ページの印刷物を仮綴じしたもの。
商品の説明や案内、宣伝広告などに用いられ、カタログと同じ意味で使われることも多いが、パンフレットは目録のように整理して書き並べたものとは限らず、「小冊子」を広く意味するものである。

リーフレットは、一枚刷りの印刷物、折りたたみ式の小型の印刷物を指す。
カタログやパンフレットなどと同様に、案内・説明・広告などに用いられる。

パンフレットが説明や案内の印刷物を意味するといった誤解や、リーフレットがパンフレットに比べて認知度が低いことから、リーフレットは「一枚刷りのパンフレット」などと呼ばれることもあるが、複数ページの印刷物が綴じられていないものは、パンフレットではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る