「アーモンド」と「ピーナッツ」の違い

アーモンドとピーナッツの画像

アーモンドとピーナッツ(ピーナツ)は、食用とする植物の実という点では共通するが、ナッツ類とナッツ類でないものという違いがある。

「ナッツ」というのは、食用になる木の実のこと。
ピーナッツは名前に「ナッツ」が入っているため、ナッツ類として扱われることも多いが、厳密にいえばピーナッツはナッツ類ではない。

アーモンドはバラ科の木で、そこから採った実なので、ナッツ類に含まれる。
しかし、ピーナッツは「落花生」というマメ科の草の実で、ナッツ類ではなく「豆」なのである。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 誤り箇所を指摘する画像
  2. 考えるゴリラの画像
  3. 測量する画像
  4. 戦場から帰る兵士の画像
  5. ぼろ儲けする画像
  6. 鏡開きの画像
  1. 高画質テレビの画像
  2. 笑う人の画像
  3. 披露宴に華を添える花画像
  4. 焼き鳥の画像
  5. ネックレスをした犬の画像
  6. 野菜を調理し料理を作る画像
ページ上部へ戻る