「ひねる」と「ねじる」「よじる」の違い

蛇口の画像

「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある。

ひねるは、指先でつまんで回す。一方向に回す。軽く回す。一度だけ回すという意味。
ねじるは、棒状や糸状のものの両端をつかんで、互いに逆の方向に回す。力強く回す。繰り返し回すという意味。
よじるには、ねじ曲げるという意味がある。

ガス栓や蛇口、スイッチなど、簡単に回転するように作られたものには「ひねる」が使われ、「針金をねじる」や「ねじり鉢巻き」など、一方向でなく両端から回したり、力強さが必要な場合には「ねじる」が使われる。
スイッチや瓶の蓋などが固くなってなかなか回らなず、力が必要な場合には「ねじる」を用いる。
「よじる」は「ねじる」と同義語だが、ねじったものを更に曲げるという、「ねじる」よりも更に複雑な回し方をする際に使われる。

「手首をひねる」と言った時には、通常動く方向に曲げることを表し、「手首をねじる」は通常の動作では曲げない方向に回してしまった時に用いる。
「手首をひねると痛い」という場合は、骨や筋などに何かしらの問題が考えられるが、「手首をねじると痛い」のは当然のことである。

ひねるは、「考えをめぐらす」「工夫する」という意味で「頭をひねる」や「首をひねる」、「簡単にやっつける」「負かす」という意味で「軽くひねってやる」や「ひねり潰してやる」といった使われ方もする。
「赤子の手をひねる」は「赤子の手をねじる」とも言うが、「簡単に」の意味から、本来は「赤子の手をひねる」が正しい。

「ひねった関係」と言わず「ねじれた関係」と言うように、ねじるは「二つの方向」「複雑さ」を表す。

大笑いする時に言う「腹がよじれる」は、「まるで腹がねじ曲がったよう」という、笑い過ぎるとお腹が痛くなる感覚からの表現で、「ひねる」や「ねじる」よりも複雑な状態が表されている。

関連記事

  1. ダイビングの画像
    スキューバダイビングとは、圧縮空気を詰めたボンベと、水深に応じて供給空気量を自動調節する弁の付いた送…
  2. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  3. 竹を食べるパンダの画像
    竹も笹もイネ科タケ亜科に属する植物で、一般には、大型のものを「竹」、小型のものを「笹」と呼ぶ。 竹…
  1. 鈴木宗男代議士の画像
    代議士は衆議院議員、国会議員は衆議院議員と参議院議員を指す。 戦前の帝国議会は、衆議院と貴族院…
  2. 世界一の経営者の画像
    事業家とは、事業を企て、経営する人のこと。 特に、事業の経営に巧みな人をいう。 実業家とは、…
  3. ソーセージの画像
    ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。 腸詰めして…
  4. 富士山から見る初日の出画像
    ご来光は、高山で望む荘厳な日の出のこと。 初日の出は、元日の日の出のこと。 日の出が話題にな…
  5. 高熱を出した子供の画像
    風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。 主に、ウイルスの感染によっ…
ページ上部へ戻る