「お辞儀」と「会釈」の違い

お辞儀の画像

お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本となるものである。

お辞儀の角度は、敬意の度合や状況によって、会釈・敬礼・最敬礼の三段階に分かれる。
つまり、会釈はお辞儀の一種であり、お辞儀は頭を下げて挨拶することの総称である。

会釈は、人とすれ違う時にする軽いお辞儀で、角度は15度が目安。
敬礼は、相手を迎える時や相手先に訪問した時、自己紹介をする時、感謝を伝える時などにするお辞儀で、角度は30度が目安。
敬礼が最も一般的なお辞儀であるため、「お辞儀と会釈の違い」と言った場合、「敬礼と会釈の違い」を言っていることも多い。
最敬礼は、謝罪をする時や、感謝の気持ちを強調したい時などにするお辞儀で、角度は45度が目安となる。

いずれも、頭だけを下げるのではなく、背筋を伸ばした状態で腰から上体を曲げるのが基本。
手の位置は、男性なら体の脇、女性なら両手を前で揃えるのが美しいとされる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る