「お辞儀」と「会釈」の違い

お辞儀の画像

お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本となるものである。

お辞儀の角度は、敬意の度合や状況によって、会釈・敬礼・最敬礼の三段階に分かれる。
つまり、会釈はお辞儀の一種であり、お辞儀は頭を下げて挨拶することの総称である。

会釈は、人とすれ違う時にする軽いお辞儀で、角度は15度が目安。
敬礼は、相手を迎える時や相手先に訪問した時、自己紹介をする時、感謝を伝える時などにするお辞儀で、角度は30度が目安。
敬礼が最も一般的なお辞儀であるため、「お辞儀と会釈の違い」と言った場合、「敬礼と会釈の違い」を言っていることも多い。
最敬礼は、謝罪をする時や、感謝の気持ちを強調したい時などにするお辞儀で、角度は45度が目安となる。

いずれも、頭だけを下げるのではなく、背筋を伸ばした状態で腰から上体を曲げるのが基本。
手の位置は、男性なら体の脇、女性なら両手を前で揃えるのが美しいとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 部屋の照明画像
    LED電球や蛍光灯の色には、「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」があり、主に使われるのは…
  2. 電気量販店の画像
    定価は、あらかじめ決められた販売価格のことで、原則として値上げや値下げは認められていない。 希…
  3. 懐古的な画像
    懐古と回顧は、昔を思い返すという点では共通するが、意味に違いがあり、使い分けが必要である。 懐…
  1. 婚姻届の画像
    戸籍は本籍地の市町村に置かれるもので、各人の本籍地・氏名・生年月日・父母・続柄・配偶者・子・養子縁組…
  2. はかる画像
    計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器な…
  3. 指切りの画像
    保証とは、「品質保証」「保証期間」「身元保証」など、責任を持って間違いないと請け合うこと。 また、…
  4. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  5. しらたきの画像
    紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。 色…
ページ上部へ戻る