「温泉」と「鉱泉」の違い

猿が温泉に浸かる画像

地下水が自然に地表に湧き出ているところや、その湧き出た水を「泉」という。
泉の中でも水温が高いものを「温泉」と呼び、高くないものは「鉱泉」や「冷泉」と呼ばれる。
「温泉」と呼ばれる水温の境界線は国によって異なり、日本では25度以上、アメリカでは21.1度以上、ドイツでは20度以上で、これより低いものが「鉱泉」「冷泉」である。
上記のままであれば、25度未満の湧水は温泉でないことになるが、水温が低い温泉も存在する。

昭和23年(1948年)に施行された温泉法の定義では、治癒成分が含まれていなくても25度以上であるか、水温が低くても塩分・鉄分・硫黄など19種類の鉱物質のうち、いずれかひとつでも含有量が限界値以上であればよく、広義には鉱泉も温泉である。
しかし、「温泉」といえば温かいものと考えるのが普通であるため、一般的には鉱泉の中でも25度以上を「温泉」と呼び、25度未満を「鉱泉」や「冷泉」と呼び分けられているのである。

また、泉温(鉱泉が地上に湧き出たときの温度)によって細かく分類する際は、25度未満は「冷鉱泉」、25度以上34度未満は「低温泉(微温泉)」、34度以上42度未満は「温泉」、42度以上を「高温泉」と呼ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 森林の画像
    農林水産省の定義では、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」としてい…
  2. 東京大学安田講堂の画像
    大学は、文部科学省が管轄する学術研究および教育の最高機関で、学校教育法に基づいて設置される。 学部…
  3. 飛行機の画像
    航空機は大気中を飛行する機器の総称で、飛行機は航空機の一種。 航空機は、空気より軽い「軽航空機…
  1. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
  2. 役付き取締役の画像
    専務と常務は、一般に「専務取締役」と「常務取締役」のことを指す。 どちらも、社長を補佐して会社の業…
  3. マグロの解体ショー画像
    マグロの胴体部分の肉は、大きく「トロ」と「赤身」に分けられる。 トロは赤身に対して脂肪の多い部分で…
  4. フランス菓子カドのマドレーヌとフィナンシェ画像
    フィナンシェもマドレーヌも、フランス発祥の焼き菓子。 フィナンシェは、フランス語で「金融家」「…
  5. レッドリボンの画像
    HIVは、「Human Immunodeficiency Virus」の略で、ヒト免疫不全ウイルスと…
ページ上部へ戻る