タグ:標高

  • 測量する画像

    「標高」と「海抜」の違い

    標高も海抜も、平均海面を基準とした土地の高さのこと。 主に、標高は山や土地の高さなど、地形を表す際に用いられ、海抜は津波や高潮災害などの対策の意味もあり、海に近い地域で用いられる。 また、「海抜0メートル地帯」とはい…
  1. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
  2. 探す人の画像
    探すは、「職を探す」「宝物を探す」「新居を探す」「人のあらを探す」など、欲しいもの、目にしたいものを…
  3. パートで働く人の画像
    パートとアルバイトは、法律上は名称による区別がされておらず、パートタイム労働法では「1週間の所定労働…
  4. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
  5. 刀を持つおじさんの画像
    おじさんの漢字表記には、「伯父さん」「叔父さん」「小父さん」がある。 いずれも同源だが、対象が違え…
  1. 宮城野区蒲生の画像
    天気・天候・気候は、ある地域の晴雨・気温・湿度・風などの状態・状況を表す。 気象は、大気の状態・変…
  2. おはぎ・ぼたもちの画像
    おはぎとぼたもちは基本的に同じ食べ物で、どちらか一方で呼ばれることが多いが、季節・大きさ・材料によっ…
  3. 階段を上る画像
    「のぼる」の漢字には、「上る」と「登る」と「昇る」がある。 広く一般的に使われるのは「上る」で、「…
ページ上部へ戻る